当会の概要と活動内容

「四国の川を考える会」は、昭和57年に四国における水害のない安全な国づくりの推進、および水資源の有効利用の発展、並びに豊かで潤いのある河川環境の保全と創造に寄与することを目的として産・学・官で組織されました。
「四国の川を考える会」の主な事業は次のとおりです。

  • 四国における治水施設整備の促進、水資源の有効利用、河川環境の保全と創造に関する啓発宣伝、及び提言を行います。
  • 四国堰堤ダム88箇所巡りの完走認定を行います。
  • 会報の発行を行います。
  • 行政担当者を招いて、意見交換会を実施します。
  • その他本会の目的を達成するために必要なこと。

また、「四国の川を考える会」では広報活動の一環として、広報誌「あめんぼ」、会報「水紋(すいもん)」をそれぞれ発行しています。四国の一級河川の紹介や川にまつわる話題やイベント、それに携わる人々にスポットをあて、より多くの人々に四国の川をもっと知って頂くよう編集に努めています。

「四国の川を考える会」会則

TOPICS

おすすめコンテンツ

「四国の川を考える会」事務局

〒760-0066 高松市福岡町3丁目11番22号

(スパムメール防止のため、このメールアドレスは画像にしています)